サンセリテ内田歯科医院

MENU
 

インプラント

Medical インプラント

概要

インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着することです。これにより、天然歯(元々の歯)とほぼ同等の機能(噛砕き)を回復することができます。

インプラントは歯の根を支える「フィクスチャー」、人工歯と土台をつなぐ「アバットメント」、人工歯の「上部構造補綴物」と行った3つの部位から構成されています。

インプラント治療の注意点

インプラント治療を受けるには、いくつかの注意点があります。

インプラントは外科的手術を伴いますので、お身体の状態や持病(糖尿病、高血圧、心臓疾患、脳疾患など)について、担当の歯科医師にお伝え下さい。

他の治療法との違い

インプラント インプラント
メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費を抑えられる
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
総入れ歯 入れ歯

入れ歯は取り外しが出来る人口歯を作る治療法です。 歴史が最も長くあらゆる症例に対応しています。

メリット
  • ・健康保険が適応され安価
  • ・治療期間は比較的短い
  • ・多くの症例に適応する
デメリット
  • ・見た目で入れ歯とわかる
  • ・慣れるまで違和感あり
  • ・部分入れ歯は周囲の歯に負担になる
  • ・毎日のお手入れが必要
  • ・定期的な歯科医院での調整が必要

服用されているお薬について

通常服用されているお薬がある方は、必ず事前に歯科医師にお伝えください。
場合によっては、手術前に服用を控えて頂く事があります。
(動脈硬化の薬、糖尿病の薬、向精神薬、非ステロイド系抗炎症薬、経口避妊薬など)

手術の前日、当日の注意点

  • 前日は睡眠を充分にとり、体調を整えておいて下さい
  • 手術前に抗生物質、痛み止めを飲んで頂きます
  • 入れ歯・装飾品は外してください

手術後の注意点

  • 個人差もありますが、インプラント手術後に少なからず、炎症反応として、腫れが生じる事があります。手術後3〜4ヶ月がピークであると言われています。その後1〜2週間で手術前のように元通りになる事が多いです。
  • 術後の食事は、できるだけ食べられる軟らかい食べ物を中心にしてください。
  • 手術当日は湯船に浸からないようにしてください。血行が促進され、手術部から出血しやすくしてしまう可能性があります。
  • 激しい運動は控えてください。
  • 歯ブラシは傷口に当たらないようにしてください。
  • 刺激物を避けるようにしてください。

※その他、心配な点や気になる点は、遠慮なく歯科医師やスタッフにお尋ねください。

pagetop